EXHIBITING

残渣

時間:2020年11月3日-11月29日 12:00-19:00
最終日:12:00-17:00(月曜休廊)

何かを残し伝えるとき、体験を物語るとき、本当に重要なのは、様々なフィルターにより濾過され不純物が取り除かれ透明に澄んだ物事ではなく、自分自身というフィルターに張り付き、いくら拭き取ろうとしても、取り除くことができない残渣の方なんだと思う。

村越 としや(Toshiya Murakoshi)
1980年福島県須賀川市生まれ。文化服装学院中退。日本写真芸術専門学校卒業。
主な受賞歴に、日本写真協会賞新人賞(2011年)、さがみはら写真新人奨励賞(2015年)。2009年自主ギャラリー「TAP」を東京・清澄白河に創設する、展示や出版などの活動を積極的に行い、2015年「TAP」から脱会する。東京国立近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、福島県立博物館、相模原市に作品が収蔵されている。
現在、武蔵野美術大学、日本写真芸術専門学校講師。